炭酸泉とは・・・

一般的に湯の中に1000mg/L以上の遊離炭酸が含まれるものが高濃度炭酸泉と言われています。
日本では、天然の高濃度炭酸泉が少ないため、炭酸泉そのものはあまり知られていません。
「豊島園 庭の湯」では炭酸ガスを高濃度でお湯に溶かし込み本格的な高濃度炭酸泉を再現します。

炭酸泉の特徴・効果

気泡の付着

気泡の付着

高濃度の炭酸泉に入浴すると、全身に微細な気泡(炭酸ガス)が付着します。
お湯に溶け込んだ炭酸ガスは皮膚から吸収され、毛細血管を拡張して血流を増やします。
血圧を下げるとともに、身体の隅々まで血行が良くなるので、疲労物質や老廃物が排出されやすくなります。
ぬるめの湯温ですが、身体の芯からぽかぽかと温まり肌をひきしめる効果もあります。
天然の炭酸泉が多いドイツでは昔から動脈硬化・心臓病等の医学療法に用いられてきました。
日本でも血行障害の治療に用いられています。

炭酸泉ご入浴の方法

  • 炭酸を高濃度に保つため、お湯はかき回さず、静かにゆっくりとお入りください。

  • ご入浴の際に炭酸吹出口をふさがないようにお願いします。

  • 2~3分で手足に気泡がつき始めます。皮膚が紅潮するのは血行が良くなったためです。

  • 入浴時間は15分程度が適当です。

  • ネックレス、時計、ピアス等貴金属類は必ず外してお入りください。

過度の高血圧の方、動脈硬化症の方、心臓病の方、その他医師から入浴を制限されている方はお入りにならないでください。